新着情報

【新U13】9/15練習会レポート

2016年09月16日13:54 に投稿された【大森FC 全体へのお知らせ
9/15 2017年度 新U13対象練習会

この度はたくさんの選手にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
体験練習会という名目ながら、向上心のある選手達ばかりでしたので90分の集中力は凄まじく、
素晴らしいトレーニングとなりました。

練習会では大森FCが考えるサッカーとは、というものの基本的な部分を紹介していきます。
そのために、
大森FCの選手がピッチに入る時、どのようにスイッチを入れてトレーニングに臨むのか、
常に勝負にこだわること、常にチャレンジを忘れないこと、そしてそれを楽しむこと。
その3つに関してはナンバーワンである事。
そうして取り組む準備が整いトレーニングに入りました。

最初はアップを兼ねてパスドリルを行いました。
テクニックドリルは世の中にはごまんと種類があると思います。
大事なことはなぜ?いつ?どこで?どのように?そのテクニックを使うのか。
シンプルなドリルを選手達が細部までこだわることによってレベルが上がって行きました。
コントロール時の軸足、ドリブルの踏み込み足、180℃ターン、1メートルのこだわり、オフザボールの緩急、コミュニケーションの強さ。。
短い時間で選手の皆さんは意識高くトライしてくれました。
これが「無意識」にできるようになって初めて上達と言えるでしょう。

続いてトレーニングは2v2+2というゲームを行いました。
ここではボールを前進させるための(攻撃)、またはそれを防ぎボールを奪うための(守備)、
最も基本的な戦術の理解が求められます。
その上で大森FCでは魅力的な攻撃サッカーを目指します。
型があってこその型破り。

最後はゴールを使ってGKが加わり6v6+2GK+4というゲームでした。
スペースを有効活用することができず最初は苦しみましたが、ピッチを広く使うようになってきてから
チャンスが明らかに増えました。
選択肢が増え、攻撃のアイデアが増えました。
スピードを活かす選手、テクニックを活かす選手やコンビネーションを発生させる選手。
それぞれの長所を存分に発揮させるためにも基本戦術の理解は大事ですね。

参加された選手たちが楽しんでくれたことを願ってまた次回のご参加を心よりお待ちしております。

大森FCの育成哲学はいろんな活動からも見えると思います。
是非こちらもチェックしてみてください。

https://www.facebook.com/ohmorifc1986/

image2.JPG